Metastore.thriftファイルをダウンロード

先日Hadoop Streamingを利用してS3上のファイル群にgrepコマンドを実行する方法を紹介しました。 grepコマンドをHadoop Streaming上で実行する とはいえ、ファイル数が少ない場合や時間が掛 …

ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。 先頭に戻る この修正パッチによって更新されるファイル 32 ビット マシンの場合、 < ローカル ドライブ:> Program Files¥Autodesk¥Content Service フォルダ内の次

3. 次のような JSON 設定ファイルを作成します。hive_user と hive_user_password を、ステップ 2 の JSON スクリプトで使用した値に置き換えます。 JDBC URL の RDS エンドポイントを、RDS インスタンスのエンドポイントに置き換えます。 次

SparkSQLでHiveContextを使用し、リモートHiveメタストアに接続しようとしています。Hiveメタストアを設定する唯一の方法は、クラスパスにHive-site.xmlを含めることです(または/ etc/spark /にコ 2018/12/26 WinSyncMetastore.rll.mui をダウンロードし、エラーを修正 最終更新:05/06/2020 [平均読了時間:4.5分] WinSyncMetastore.rll.muiなどのWindows Synchronization Framework Metadata Store Resourcesのファイルは、Win32 DLL (ダイナミックリンクライブラリ)のファイルタイプと見なされます。 2015/11/16 2020/02/10

*1 構成ファイル bdpp2.conf のBDPP_IMPALA_CLUSTER_NAMEで指定した値を設定します。 *2 構成ファイル bdpp2.conf のBDPP_IMPALA_METASTORE_PORTで指定した値を設定します。 *3 構成ファイル bdpp2.conf のBDPP_IMPALA_METASTOREDB_HOSTで指定した値を設定します。 私は奇妙な状況にあります。test1ユーザーとしてpigスクリプトを実行する Cloudera CDHで、Metastore Execution Modeがリモートの場合は、ファイルパスが、HadoopクラスタのHiveメタストアサービスによって指定されたファイルパスと一致する必要があります。 Apache Thriftのページより、thriftファイルからAPI仕様のhtmlを生成するthriftコンパイラ(thrift-0.9.1.exe)をダウンロードして、先ほど作成したMavenプロジェクトのルートに保存します。 Amazon EMR AMI バージョン 2.x および 3.x を使用する場合、Hive ログは /mnt/var/log/apps/ に保存されます。Hive の複数のバージョンを同時にサポートするために、ログファイル名は次の表に示すように、実行する Hive のバージョンによって異なります。

HiveServerはThriftプロトコルをしゃべる*1ので、おなじくThriftで接続すると任意のクエリを発行できたりして大変便利。ということで、やったので、そのメモ。 準備 まずHiveServerだけど、hiveコマンドを叩いてクエリが実行できる状態なら以下のコマンドで起動する。 SparkSQLでHiveContextを使用し、リモートHiveメタストアに接続しようとしています。Hiveメタストアを設定する唯一の方法は、クラスパスにHive-site.xmlを含めることです(または/ etc/spark /にコ 2018/12/26 WinSyncMetastore.rll.mui をダウンロードし、エラーを修正 最終更新:05/06/2020 [平均読了時間:4.5分] WinSyncMetastore.rll.muiなどのWindows Synchronization Framework Metadata Store Resourcesのファイルは、Win32 DLL (ダイナミックリンクライブラリ)のファイルタイプと見なされます。 2015/11/16 2020/02/10

Thrift 0.7.0 Thriftはパッケージに存在しないのでソースから入れる必要があります。 LLVM + CLANG 3.0 Squeezeだと 2.7 しかないので 3.0 を用意する必要があります。Wheezyのを利用したりソースからも入れてみましたがcmakeが通らないので、とある場所からdebを拝借し

HiveServerはThriftプロトコルをしゃべる*1ので、おなじくThriftで接続すると任意のクエリを発行できたりして大変便利。ということで、やったので、そのメモ。 準備 まずHiveServerだけど、hiveコマンドを叩いてクエリが実行できる状態なら以下のコマンドで起動する。 SparkSQLでHiveContextを使用し、リモートHiveメタストアに接続しようとしています。Hiveメタストアを設定する唯一の方法は、クラスパスにHive-site.xmlを含めることです(または/ etc/spark /にコ 2018/12/26 WinSyncMetastore.rll.mui をダウンロードし、エラーを修正 最終更新:05/06/2020 [平均読了時間:4.5分] WinSyncMetastore.rll.muiなどのWindows Synchronization Framework Metadata Store Resourcesのファイルは、Win32 DLL (ダイナミックリンクライブラリ)のファイルタイプと見なされます。 2015/11/16


設定ファイル flume.properties を作成し、設定ファイルに次の設定を追加します。a1.sources.source1.kafka.bootstrap.servers は Kafka ブローカーのホストとポートを示します。a1.sinks.k1.hive.metastore は Hive のメタストアの URI を示し

2013/12/06

最近Windows 10のPCにて、以下のようなエラーがよくイベントビューアに残っています。 イベント 489 ESENT. SettingSyncHost (6848) {CDC1B56F-7851-48E9-833C-9BC16DCBA751}: 読み取るためにファイル "C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Microsoft\Windows\SettingSync\metastore\edb.log" を開こうとしましたが、システム エラー 32 (0x00000020

Leave a Reply